投資で「金」が注目される理由とは?

ffjsi;fdoieオルタナティブ投資は近年注目されている投資ですが、中でも金(純金)は高い人気を誇ります。
債務不履行等の問題が散見されるようになって以来、これらのリスクを回避し、より確実な資産運用をしたい人たちが「金」等の貴金属投資に力を入れるようになっているのです。

■確実性の高い「純金」のメリット

日本では「純金(ゴールド)」と「金(マネー)」が同じ漢字で表されるほど、「金」は遥か昔から非常に価値のあるものとして扱われてきました。
日本に限らず全世界で高価値として扱われる理由には、純金に「希少価値がある」ということが挙げられます。

地球上にある金の量は非常に僅か

そもそも地球上にある金の量はには限りがあります。一説には世界中の金を集めても、スイミング・プール3杯半程度とも言われているほどです。ですから、通貨の価値がインフレーションの影響を受けて下落した場合でも、純金の価値は下がらないばかりか上昇するのです。

またデフレーションの場合に多少の価格の下落が起こったとしても、金の価値はゼロにはなりません。最終的には持ち直し、再度ゆっくりと上昇を続けていきます。

そのため、様々な経済的危機が訪れた際の「安全策」として、純金投資は多くの人から支持され続けているのです。「米ドル等の外貨で対策を行うよりも純金で対策を行った方が安全」と言う人も多く見られます。特に21世紀に入りネットを利用した投資(バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記)が活発になってからは、「金」はより一層「確実な資産」としての注目をあびるようになりました。

「純金投資」にはもう一つ、投資対象として嬉しい「税金」というポイントもあります。金には不動産のように「固定資産税」が付きません。また金を購入する際、売却する際には「消費税」が付きますが、今後の日本の消費税は上昇の一途を辿ることが見込まれますから、売却を行う際、増額した消費税分の差額で利益を生み出すこともできます。

純金は基本的にはインフレ時に値上がりするため、今後インフレが起こる可能性が高い日本においては、今、金を買っておくのは良いタイミングと言えるでしょう。


■純金投資の注意点とは?

確実性の高い投資である「純金」投資ですが、利子がつかないというネックもあります。投資においては利子を「インカムゲイン」と呼びますが、株や債券等とは異なり、金は所有しているだけでインカムゲインで収入を得るというわけにはいきません。そのため「金」で儲けを出すのであれば、価値の下降・上昇を見込んで購入・売却を行い、差額を収入とすることになります。
これを「キャピタル・ゲイン」と言います。

また、金は世界中のほぼどこでも換金は可能とは言え、金そのものがすぐに通貨としては使えないというのも、欠点の一つと言えるでしょう。そして金の希少価値については現在は保証されたも同然なのですが、万一、世界や宇宙のどこかかで大量に金が発掘されれば値崩れを起こす可能性もゼロではありません。




必読情報

リンクリスト

当ウェブサイト

 

ギャンブルではない

#

FXは、ギャンブルだと言う人がいますが、ギャンブルではありません。FXは、金融取引です。ただし、強制ロスカットになれば、手元資金が半分以下になります。貯金や国債運用だと、手持ち資金が割れる事はありません。

一方、外貨預金ですと、確実に外貨建てでは資金が増えますが、円に両替すると減るケースもあります。これが、為替差益というものです。FXは、為替差益に加え、自分のポジションと逆に進む場合、外貨建てでも元本割れします。それに加え、レバレッジが掛かっているため、手持ち資金の増減が、物凄く激しいのです。そういう風な特徴から、ギャンブルだと指摘する人もいますが、間違いです。