凄く分かる!MRFとMMFの全て

fssdfgyyoie投資信託とは?

多くの投資家がプールしたお金を、資産運用の専門家が運用して、それで得た利益を投資家に分配するといった仕組みになっています。売買手数料は無料で、1円単位でいつでも入出金することができます。プールしたお金を金融商品を買うために使うこともできます。

MRFとは?

MRFは、マネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)の略です。安産性の高い債券を扱われていることが特徴で、証券口座にお金を入金するだけで、自動的にMRFに投資されますので、銀行の普通預金より金利が高いです。
申し込み手数料や解約手数料は無料になっています。

また、投資信託の一種でもあり、毎日分配型という制度があります。これは、1カ月ごとに収益を計算して、毎月配当金を出す仕組みになっています。

凄いことに、今のところ元本割れがないそうです。元本割れとは、利益が投資金額を下回ることを指します。分配である分、収益は少ないと思いますが、投資を始めたばかりは、何を買ったらいいか分からないと思いますので、投資信託を利用して、確実に利益を上げて、その間、投資の勉強するのはいいかもしれません。

普通の銀行にお金を預けるより、MRFにお金を預けた方がお得だということを覚えておいてください。投資といってもハイローオーストラリアより全然有利といわれています。ただ、ほとんど年利0.1%未満なので、年利を重視するなら、SBIハイブリッド預金や楽天マネーブリッジの方がいいです。

代表的なMFR

代表的なMRFは、ダイワMRF、日興MRF、野村MRF、三菱MRFなどがあります。これらは、楽天証券やマネックス証券などで取り扱われています。

MMFとは?

MMFはマネー・マネジメント・ファンド(Money Management Fund)の略です。MFRと基本的には同じで、安産性の高い債券が扱われていて、申し込み手数料や解約手数料も同じく無料です。

MFRと違うのは、MMFの方が高金利を期待できるということです。また、MMFは、30日以内に解約すると手数料(信託財産留保額)がかかってしまうといった欠点がありますが、解約しなければ欠点にはなりません。ですので、私はMMFの方が圧倒的に優れていると考えています。

一般的には、換金重視(直ぐに現金に換える)ならMRF、利回り重視(より多くの収益)を望むのならMMFを選ぶといった基準がありますが、手数料がかかるのは30日以内に解約した場合の話ですので、30日くらいならだれでも待てるのではないでしょうか?

高くな借金を抱えていて、今すぐ返さないとやばいという人は例外ですが・・・

ほとんどの人がそんなことはないと思いますので、MMFの方がお勧めです。ただ、MMFには2001年に一度だけ、元金割れがおきたことがありますといっても2001年の出来事の話ですので、それからずっと元本割れがないということは、今はだいぶ信用が高いと認識してもいいのではないでしょうか。また、MRFが申込み手続きがいらないのに対して、MMFは申込み手続きが必要になります。

代表的なMMF

代表的なMMFには野村MMF、みずほMMFなどがあり、SBI証券、楽天証券、マネックス証券などで取り扱われています。こちらもMRF同様、年利が1%を満たしませんので、年利を重視する人は、SBIハイブリッド預金・楽天マネーブリッジを使う方がいいですね。




必読情報

リンクリスト

当ウェブサイト

 

ギャンブルではない

#

FXは、ギャンブルだと言う人がいますが、ギャンブルではありません。FXは、金融取引です。ただし、強制ロスカットになれば、手元資金が半分以下になります。貯金や国債運用だと、手持ち資金が割れる事はありません。

一方、外貨預金ですと、確実に外貨建てでは資金が増えますが、円に両替すると減るケースもあります。これが、為替差益というものです。FXは、為替差益に加え、自分のポジションと逆に進む場合、外貨建てでも元本割れします。それに加え、レバレッジが掛かっているため、手持ち資金の増減が、物凄く激しいのです。そういう風な特徴から、ギャンブルだと指摘する人もいますが、間違いです。