国内と海外のバイナリーオプション


バイナリーオプションは、誰にでも理解しやすいシンプルな取引ルールや、わずか数百円という少ない資金からでも気軽に投資できる点や、スマートフォンやタブレット端末などを利用していつでもどこでも取引きできるところから、これまで投資に振れたことがないという初心者の投資家から高い人気を集めています。

また、世界中の通貨はもちろん、各国の有名企業の株、証券取引所の株価指数、プラチナ、金、銀といった貴金属、コーヒーや小麦などの商品、原油や天然ガスなどのエネルギーなど、実に様々な銘柄の取引きを行っており、また、そうした様々に合わせた種類の豊富な取引ルールなどが用意されており、投資取引の熟練者からも支持を集めており、ほかの投資取引と複合的に利用してリスクマネジメントに活用されることも多くあるのです。

バイナリーオプションの最大の魅力は、やはりその取引ルールのシンプルさにあるでしょう。
最も取り扱いがあるバイナリーオプションは、通貨を銘柄にしたハイ&ローオプションという取引ルールで、例えば「今1ドル120円の為替相場は、2時間後に1ドル110円よりも高くなっているか、それとも低くなっているか」という二者択一の選択を行いそこに投資をしていくというものです。

二者択一のどちらかを選んで投資を行うだけで、あとは判定時間が満期になれば自動的に投資取引の結果が出て、予測が当たっていれば配当金として利益が受け取れ、予測が外れた場合には投資資金が失われて、それがそのまま損失となるのです。

こうした取引ルールであるために、投資をする前から、自分が得られる利益と失う損失の大きさが事前に分かり、大きく投資金を入れて予測が当たれば配当金も大きくなる分、それが外れた場合の損失も大きくなり、逆に小さな投資金であれば、利益も損失のそれに応じて小さくなるのです。

これは、FXや株、先物などの他の相場を利用した投資取引とは大きき違う点で、例えばFX取引などは、新規注文を行って保持した通貨の価値が、為替相場のレート変動で大きく変化していくために、一回の取引きで巨大な利益が出る可能性がある一方で、為替相場が損失の方向へ急変してしまえば、わずか数分で、人生を失うほどの借金を生み出してしまうこともあるのです。

ところが、バイナリーオプションでは相場のレート変動は、投資の判定の成否に使われるだけなので、どんなに乱高下していても、停滞していても、常に一定の利益と損失を得ることができ、こうしたところも初心者に高い人気を持ち、また上級者が損失の補てんなどに利用しているのです。

このバイナリーオプションですが、取り扱う取引業者によって、利用できる取引ルールや銘柄、サービスの内容などに大きな違いがあり、バイナリーオプションを行うためには、この取引業者を選択して、そこに取引専用の口座を作らなくてはなりません。

複数の取引業者に取引口座を作り、同時に投資を行ってももちろん構わないのですが、その分取引きにかかる資金はかかりますし、また、複数の取引きを並行して管理していくことは非常に難しいので、バイナリーオプションを始めたばかりであれば、まずは一つの業者を選ぶべきでしょう。

このバイナリーオプションの取引業者は、国内に拠点を置く業者と、海外に拠点がある業者とで、そのサービス内容が大きく違っているという特徴があります。

国内のバイナリーオプションは、2008年の金融庁からの通達によって規制が布かれ、ローリスクローリターンの傾向の強いものになりました。
これに対し、海外のバイナリーオプションは自由度と戦略性が高く、例えば国内の取引業者では、取引時間の最短が2時間であったり、支払いの配当金が定額制だったりしますが、海外の場合は、最短60秒という短期間の取引きがあったり、配当金もペイアウト倍率制となっており、取引きの難易度によって配当金の大きさが変わるようになっていたりするのです。

こうしたことから、バイナリーオプションをこれから始めるのであれば、いろいろなサイトを見て回って、その内容を確認することをお勧めします。

出典: ハイローオーストラリア.net




必読情報

リンクリスト

当ウェブサイト

 

ギャンブルではない

#

FXは、ギャンブルだと言う人がいますが、ギャンブルではありません。FXは、金融取引です。ただし、強制ロスカットになれば、手元資金が半分以下になります。貯金や国債運用だと、手持ち資金が割れる事はありません。

一方、外貨預金ですと、確実に外貨建てでは資金が増えますが、円に両替すると減るケースもあります。これが、為替差益というものです。FXは、為替差益に加え、自分のポジションと逆に進む場合、外貨建てでも元本割れします。それに加え、レバレッジが掛かっているため、手持ち資金の増減が、物凄く激しいのです。そういう風な特徴から、ギャンブルだと指摘する人もいますが、間違いです。